在黙 只、黙って此処に在る日記。
DISIGN SITE
MUSIC SITE

おとこめし vol.03

15.07.25

週末の家族サービスにおとこめし。今回も「男子ごはん」の料理です。

「焼きサバ丼」と「三つ葉とインゲンのおかか炒め」

「焼きサバ丼」と「三つ葉とインゲンのおかか炒め」

「焼きサバ丼」は、粗みじん切りにした“にんじん・しいたけ”と、“生ひじき・焼き塩サバ”を、“酒・みりん・しょうゆ・砂糖”で軽く煮詰めた後、ごはんと混ぜ合わせ、その上に焼き塩サバと薬味を乗せるという、斬新な丼料理。

サバは普通のものより、一夜干しの「塩サバ」の方が、程良い塩分が入っていて良いとのこと。

それだけでもおいしく食べられる焼き塩サバを、混ぜごはんと薬味が、素材を活かしつつさらなる高みへ持ち上げているので、一口食べた瞬間、今まで体験したことのない味に出会い、「何コレ!!ウマッ!!!!」と叫んでしまいました。

混ぜごはんは主役を張れる程のおいしさなのに、一歩下がって上に乗る主役を引き立てつつ、全体の完成度を押し上げる役割を演じ、さらに薬味や最後にかけるポン酢が、さっぱりとした後味にしているので、飽きを感じさせずにガツガツ箸が進みます。

「三つ葉とインゲンのおかか炒め」は、具材を炒めるだけの簡単料理だけど、三つ葉を炒めすぎないことがポイント。タイミングにちょっとだけ気を使います。

ニンニクの風味と赤唐辛子のピリッとした辛さに、インゲンと三つ葉の食感が加わって、「焼きサバ丼」に対してのアクセントとしてまた違った世界を楽しめます。

この料理、おすすめです!お酒はビールかレモンサワーで!!

焼きサバ丼

▲驚きのクオリティは、もはや「サバの向こう側」。仕上げにかけるポン酢が重要。全体を引き締めて一つの品として完成します。

三つ葉とインゲンのおかか炒め(2人分)

▲素材を引き立てる丁度良い味付け。これだけでもビールのつまみになります。

■「焼きサバ丼」と「三つ葉とインゲンのおかか炒め」のレシピはこちら→
http://12ch.webpro16.com/2015/06/369_4.html

次回は「スタミナ中華定食」に挑戦!

ZAIMOKU

CATEGORY

NEW TEXT

ARCHIVE

DESIGN SITE

MUSIC SITE

twitter