在黙 只、黙って此処に在る日記。
DISIGN SITE
MUSIC SITE

ラーメン漂流記 vol.04

10.04.02

「麺屋武蔵 武仁」

100402_01

秋葉原にある「麺屋武蔵」系列のお店。

ちょっと前までここの「つけ麺」が好きで、よく通ってたけど、用事のついでに久しぶりに寄ってみた。

メニューは「武仁麺」「武仁つけ麺」「アキバカリー麺」「カリーつけ麺」があり、「カレー」系を食べてる人がいると、店内は凄くカレー臭くなる。

「武仁つけ麺」を注文。

100402_02

ここの特徴は、まず「チャーシュー」の代わりに、かなり大きい「角煮」が入っている事。

最初見た時は戸惑ったけど、箸でつまむと簡単に切れる程柔らかく、「つけ汁」と「麺」にも良く合っていて、ハマるとクセになる。(ただ、日によってムラがあり、運の悪い日に行くとガッチガチで、噛み切るのもつらい時がある)

「麺」は太麺。「つけ汁」は「豚骨」と「魚介」のWスープで、結構濃い目に感じるが、きついクドさはあまり無く、まろやかな印象で、「麺」との相性も良い。

ただ、残念なことに、前に行った時とちょっと変わっていて、濃いめのスープのクドさを消す絶妙の役割を果たしていた、沢山の「玉葱」が無く、さらになぜか大量の「割汁」みたいなのが「麺」を全部覆う程入っていた。(前はそんなに「汁」は入ってなかったし、普通は「麺」がくっつかない程度の少量の「汁」で十分ではないだろうか)

リニューアル開発でもしたんだろうか。久しぶりに期待して入っただけに、少しショックだったが、それを差し引いても「麺」「つけ汁」「角煮」個々のレベルは高く、全体のバランスも非常に良いと感じた。

前に行った時と同じものなら採点は4.0だけど、それに比べると若干質が落ちてしまった様に思えたのと、店員が「水」と「レンゲ」を忘れて、2回も声を掛ける羽目になったオペレーション不足を踏まえて、3.5にした。

「継続は力なり」という格言があるが、「変わらず維持し続けるのは難しいこと」だと、自分も顧みつつ改めて考えさせられた。

現状に留まるよりも、向上心と開拓心による前進の過程だとしたら、救いはあるんだけど。

評価 ★★★☆☆ (3.5)

あっさり □□□■□ こってり

[店舗情報]
店名: 麺屋武蔵 武仁
営業時間: 11:00〜22:00
定休日: 無
住所: 東京都千代田区神田佐久間町2-18-5 アークビル1F
電話: 03-5822-4634

ZAIMOKU

CATEGORY

NEW TEXT

ARCHIVE

DESIGN SITE

MUSIC SITE

twitter