在黙 只、黙って此処に在る日記。
DISIGN SITE
MUSIC SITE

桜。

10.04.10

花見スポットと呼ばれている所は大体行ったことがある為、今年は少し外して、先週は六本木、今週は平塚と、「スポット」がメインではなく「散歩」をメインに桜を見て来た。

六本木はヒルズにある「毛利庭園」。

「桜」は、川や池などの「自然」、そして歴史ある寺や神社などの「古い建築」と重なることによって、一つの「絵」となり、見る楽しさが倍増するものだと思っていたけど、この「都会の象徴」との融合は、それとはまた別のニュアンスで、「アナログ」と「デジタル」、「木」と「鉄」の様に相反するものの組み合わせとして、面白く感じた。下手な例えをすると「苺大福」の様な印象で以外に相性が良い。

六本木 毛利庭園

平塚は「大磯」寄りの1号線沿いにある「花水橋」からたまたま見えた桜並木。本当は大磯まで歩いて、旨いと言われてる「みそラーメン」を食べに行くつもりだったけど、予定を変更し、桜に沿って目的無く延々と歩いてみることにした。

一般に言われてる「花見」は、なぜか「スポット」に行くように仕向けられている気がしてたけど(メディアのせいだろう)、わざわざ人が集まる場所に行かなくても、桜は至る所に咲いている訳で、作られた演出より、「只自然に在る」ものを見るのも、心が浄化されるようで楽しめた。所々に咲いていた「菜の花」の香りが、自然の演出に一役買っていたのも良かった。

平塚 桜並木

去年のツアーファイナルの自主企画イベント、「只、黙って此処に在る風景」からちょうど1年が経った。これからの将来を見据えつつ、少し感慨にふけったりしたが、何より最近体脂肪率が急に10%も増えたことが気にかかる。

その後、最近少し話題になってるラーメン屋を目的地に決めて4時間程歩いた。

このラーメン屋については次回「ラーメン漂流記 vol.05」にて。

ZAIMOKU

CATEGORY

NEW TEXT

ARCHIVE

DESIGN SITE

MUSIC SITE

twitter