在黙 只、黙って此処に在る日記。
DISIGN SITE
MUSIC SITE

勝手に映画論 vol.05

10.05.01

「逆噴射家族」

100501_01

日本で一番好きな映画監督「塚本晋也」と並び、80年代「パンクムービー」を盛り上げた「石井聰亙」監督の作品。

「高校大パニック」(1976年)や「880000/1の孤独」(1977年)を観て、特に「880000/1の孤独」がかなり自分の中でヒットしたので、他の作品はどんな感じなんだろうと思って、借りたという経緯。

「団地生活から抜け出して、新興住宅地へ越して来た一家が、舞い込んで来た祖父によって歯車が狂い出す様子を描く」(goo映画より)というストーリー。

原案は「おぼっちゃまくん」や「ゴーマニズム宣言」等で有名な「小林よしのり」で、没になった漫画のアイデアらしい。

100501_02

内容や構成等、全部まとめて一言で言うと、かなり「ハチャメチャ」。

武装シーン等はパンキッシュなテイストが出ているが、個性的で「アク」が強く、一般向けの優しい仕上がりにはなっていないので、好みがきっぱり分かれると思う。

個人的に、最初は生理的に受け付けなかったけど、何処か「漫画」の様な感覚で、肩の力を必要としない所もあってか、徐々にその独特な世界観にハマって行き、最終的には「娯楽」として気軽に楽しめた。良い意味か悪い意味かは分かんないけど、見終わった後もしばらくは内容が脳裏に焼き付いて離れない。

好きな人は相当好きだと思います。

「恋愛」でも「ドラマ」でも「サスペンス」でも「哲学」でも「SF」でもなく、「異ジャンル」を体験したい人は、一度観てみてください。

p.s.
口に合わなくても苦情は受け付けておりませんので、ご了承ください。

[作品情報]
作品名: 逆噴射家族
製作年: 1984年
監督: 石井聰亙
原案: 小林よしのり
出演: 小林克也、倍賞美津子、有薗芳記、工藤夕貴、植木等

ZAIMOKU

CATEGORY

NEW TEXT

ARCHIVE

DESIGN SITE

MUSIC SITE

twitter